スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参加作家さんのご紹介2

いよいよ明日より開催の向島アート展2009!
その参加作家さんたちのご紹介の第2弾です。

ヨシエ*クニヨさん (曼荼羅webメンバー)
 埼玉県志木市出身
 出品作品
  鳩桜根付(銀・桜の木)
  鳩キーホルダー(銀)ほか

 女子美術短期大学卒(生活デザイン/金属工芸専攻)
 ファンシー文具メーカーの商品企画デザイナー、
 デザイン事務所Gデザイナーを経て1998年よりフリー。
 現在、主に雑貨、食品、菓子などのパッケージデザインを手掛ける
 デザイン屋さん『プランツクリエイト』として活動中。

 今回、向島アート展によせて、学生時代を思い出しつつ(?)
 金属で、和風小物制作にチャレンジしてみました。
 お目汚しになるかとの不安も若干ありますが、
 楽しんでいただければうれしいです。
 私が育った、埼玉県志木市は隅田川の上流、新河岸川があり、
 その昔は船で行き来していたと、よく祖父から
 聞かされたものです。向島に、かすかにゆかりを
 感じている次第です。

作品展示場所 工房鳩ノ目さん

秋元理恵子さん (曼荼羅webメンバー)
 東京下町出身
 出品作品
  鳩の魂(ミクストメディア)
  金環食(アクリル画)ほか

 多摩美術大学グラフィックデザイン科卒。
 企画デザイン事務所にて
 パッケージデザイナーとして十数年勤務。
 退職後、日蝕やオーロラを追いかけて長年のブランクののち
 家でグラフィックデザインをしています。
 ふだん3cm角くらいの小さなシールデザインをしていますが
 大きな作品が作りたくなりました。
 武蔵小山に生まれ、一時期埼玉におり
 現在中板橋に暮らしています。下町はよいものです。
 動物が好き。いたばし野鳥クラブ所属。

作品展示場所 向島アート展事務局、東向島珈琲店さん、
          和カフェみづき&ギャラリーさん

国武 将さん (ゲスト作家さん)
 東京出身
 出品作品 イラストレーション

 2004年より絵を描き始める。
 「いつかのようでいつでもなく、
 だれかのようでだれでもない。
 ここではないどこかの、
 ちいさな音にききみみをたてるように、
 なにごともない日々の果てを描きとめたいです。」

作品展示場所 向島アート展事務局

憤頭(ふんず)さん (ゲスト作家さん)
 東京出身
 出品作品 かきもじ

 小さな頃からモノづくりが好きで色々やっていました。
 絵や写真、文章書いたりしていました。
 その中でも随分永くつくっているのが文字でした。
 書家と名乗るようなものではなく、書き順も形も自由に
 言の葉を綴り伝えております。
 よろしくお願いいたします。

作品展示場所 向島アート展事務局

参加作家さんのご紹介1

これからこのブログで随時、参加していただく作家さんの
プロフィールや今回のアート展に向けてのコメントなどを
ご紹介させていただきます。

まずは向島アート展のキャラクター“あにゃ”君の生みの親
加藤さん他、計4名の方々をご紹介させていただきます。

加藤龍勇さん (曼荼羅webメンバー)
 東京都文京区出身。
 1984年 加藤洋之&後藤啓介のコンビで
        バンダイ模型情報でデビュー。
        漫画、絵本、画集の出版。アニメーション、
        テレビゲームの設定デザイン、CMの美術デザイン
        などを手がける。
 1989年 星雲賞受賞
 1999年 コンビを解散し「加藤龍勇」と改名して活動。
        動物の絵本や宮沢賢治の詩画集の出版。
        小説の挿絵、演劇のポスター、CDのジャケット
        イラスト等を手がけ、現在に至る。

作品展示場所 カフェ雲水さん

さかいやすこさん (曼荼羅webメンバー)
 「谷中あずき堂」という屋号で豆本を制作しています。
 イラストレーター、版画家、人形作家などさまざまなアーティストの
 作品を豆本にしています。
 今回は、加藤龍勇さんが「向島アート展2009」のために描き下ろした作品を、
 豆本や豆カレンダーに仕上げて展示しました。

 豆本の作者:
  天野慶(歌人)、井野英二(木版画家)、
  大野隆司(木版画家)、加藤龍勇(イラストレーター)、
  蒲生マリコ(人形作家)、小嶋サチコ(猫バッグ)、
  小嶋伸(ウッドール)、後藤範行(イラストレーター) 
 ほか

作品展示場所 工房鳩の目さん

甘夏書店さん (ゲスト作家さん)
 本と街を楽しむイベント「不忍ブックストリートの一箱古本市」
 参加を機に、都内や千葉の古本/雑貨イベントに出没。
 古本集めに励む一方、腕のたしかな身内と知人制作のブックカバーを、
 本好きな方々にお届けするべく活動しています。

  委託販売先:ブック・ダイバー(神保町)、茶房高円寺書林、
           高円寺文庫センター、信愛書店(西荻窪)。

 街歩きが好きです。向島には昨年からお邪魔するように~。
 戦災、震災を免れた古い建物、魅惑的な路地のある街並みは、
 生まれ故郷に通じるところがあり、ふらふらと引きよせられます。
 今回は着物を使ったブックカバーを中心に展示しました。
 どうぞお手にとってご覧くださいませ。

作品展示場所 和カフェみづき&ギャラリーさん

樋口裕子さん (曼荼羅webメンバー)
 トキワ松学園横浜美術短期大学(現/横浜美術短期大学)
 グラフィックデザインコース卒業
 デザイン会社に勤務の後、フリーのイラストレーターに。

 偕成社「コミック・モエ」で谷山浩子賞受賞。
 サンリオ「詩とメルヘン」イラストコンクールで佳作賞受賞。
 1998年10月、個展開催。以降、毎年開催。
 2008年 4月 銀座芸術研究所アートフェア参加。
       8月 ART TAIPEI 2008(in台湾)参加。
 2009年 7月 GINZA ART LAB 個展「吉祥の系譜」

 浮世絵を発見したのがヨーロッパ人であったように、
 樋口裕子を“発見”したのもまた、外国人であった。
 金箔を散らした着物柄をおもわせる背景の中に佇む少女たちは、
 あきらかにサブカルチャーを経て出現したものであり、
 ただ“かわいい”というのではなしに、ある者は奈良美智(ならよしとも)
 の少女に通ずるような微かな悪意を垣間見せ、
 またある者は、はだけた胸元から小さな乳首をのぞかせながら、
 聖でもなく俗でもない、なんとも妖しげな魅力を
 金箔と花の文様が埋め尽くす画面の中で発散している。
           (2009年GINNZA ART LABキュレーター菅間圭子)


作品展示場所 和カフェみづき&ギャラリーさん

向島アート展2009参加メンバー

ここでは『向島アート展2009』に参加していただく、
作家さんたちについてご紹介いたします。

今回はお名前のみのご紹介とさせていただき、
各作家さんの詳しいプロフィールは後日ご紹介させていただきます。

曼陀羅web メンバー
青山浩美/秋元理恵子/梅川紀美子/ウシヤマアユミ/加藤龍勇
木下ひとみ/さかいやすこ/高田美苗/はせがわゆうじ/
樋口裕子/樋口雄一/中島心/長縄キヌエ/中村豪志/
撫子凛なか山浩太朗/村松秀幸/ヨシエ*クニヨ/甘夏幸枝

ゲストの作家の方々
甘夏書店/伊藤直/国武将/さかうえだいすけ
SHIDAMIO & あめ/谷野まこと/中島史子/長友心平/
noseあつし/憤頭(ふんず)/アナン

(順不同・敬称略)
プロフィール

jyouhoukyoku

Author:jyouhoukyoku
第2回向島アート展2010公式ブログ
2010年9月13日(月)~9月26日(日)向島近辺に点在するアートスペースで同時開催されるグループ展「向島アート展2010」について随時お知らせいたします。

向島アート展とは?


公式キャラクター「あにゃ(通称)」が向島アート展の楽しみ方を伝授!?

お問い合せ先
mandara@adachi.ne.jp
090-4930-2805(樋口)
http://mkjart.blog88.fc2.com/

主催:曼陀羅web
http://www.mandala-web.info/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。